芝生を管理する道具は全て通販で揃えられる

全国各地良質な芝をどこまでもお届け

管理の難しさ品種でカバー

芝刈り

植えて終わりではない管理

日本の気候は、夏場は特に高温多湿になります。蒸れに弱い西洋芝だと本州以南ではうまく育たないことが多いため、日本芝を選ぶことでメンテナンスを軽減することが出来ます。手軽に購入することが出来るホームセンターですが、あまり多くの芝生は販売されていません。そこで通販を利用することで、さまざまな特徴の芝生を比べることが出来るメリットがあります。また、広い庭に芝生を張り巡らすためには、かなり多くの芝苗が必要で、重量も増します。通販を利用することで、宅配業者に自宅まで苗を届けてもらえるという利点があります。芝生は、こまめに刈り込むことで美しい状態を保つことが出来ます。葉が長く伸びるタイプの芝を選ぶと、夏場の刈込頻度も多くしなくてはなりません。最近では、従来より刈込頻度を抑えることを出来るよう品種改良された芝生もあります。通販で手に入れることが可能であるため、芝の管理に不安がある人は一考するといいでしょう。通販などで芝を購入する前には、土を改良しておく必要があります。特に水はけがよくない土地は、すぐに芝が枯れてしまう原因になります。排水性を良くし、硬くなっている地面はふかふかに耕しておくようにしましょう。張ったばかりの芝は、水の管理が重要となります。少なくとも2週間程度は毎日水やりをして乾燥させないように注意します。しっかりと根が張るまでは、張った芝生の上は歩かないようにしましょう。芝生の管理は張って終わりではありません。定期的に肥料を与える必要もあります。エアレーションと呼ばれる土詰まり解消作業も必要です。これらの作業にはいろいろな便利グッズも販売されています。通販で豊富に取り扱っている店もあるので探してみるといいでしょう。

雑草は生えにくいけど

芝

人工芝を引くと見た目が綺麗ですし雑草が生えにくいというメリットがあるため、利用する人が増えてきています。しかし土の上にそのまま人工芝を引くと、隙間から日光が入り込んでしまうため雑草が生えてくることがあります。それを防ぐためには防草シートを利用しましょう。

夏に食べたい野菜

野菜

スーパーでは一年中キュウリをみかけますが、本来は夏が旬の野菜です。広い土地がなくともプランターで育てることができます。育て方で重要なのが病害虫から守ることです。適量の農薬を使うことで実成りを良くすることができます。

どんな機械を使うべきか

芝刈り

芝刈り機は、芝生の範囲や質によって、選ぶべき電源方式や刈刃が違ってきます。ご自身の家の芝生にあった物を選択しないと、消耗も早くなり、コストもかかってしまうので慎重に選びましょう。高ければ良いというものではありませんからね。