芝生を管理する道具は全て通販で揃えられる

女の人

雑草は生えにくいけど

芝

ひと手間で管理を楽に

普通の芝よりも管理が楽だという点で人工芝を選ぶ人が増えてきています。しかし、土の上にそのまま人工芝を敷けばそれで終わりというわけではありません。人工芝の間に雑草が生えてしまうことがありますので、このような状況を防ぐためには、人工芝を敷く前に、防草シートを引くようにしましょう。そもそも人工芝は厚くマット状になっているので、日光を遮断することができるので雑草は生えにくく成ります。しかし人工芝の継ぎ目の部分や、経年劣化により人工芝の生地の部分が薄くなってしまうとそこから直射日光が入り込んでしまいます。さらにもともと雨水が落ちて行くように穴が開いていますので、それらの隙間から日光は入り込んでしまうのです。その時に防草シートがあれば人工芝の隙間に落ちた種は土に触れることはありませんので、雑草が生えにくくなります。しかし防草シートを利用しない場合にはその下はすぐ土になりますので、雑草が生えてきてしまうことがあります。さらに雑草が小さい状態では見つけることが困難なため、雑草が生えているのを見つけるころにはすでに雑草が大きく成長した後になってしまうでしょう。そうなると、根がびっしりと張ってしまい、抜くことも困難になってしまいます。雑草が生えないため庭の手入れに掛ける時間が少なくて良いという点も人工芝のメリットの一つですが、その効果を長期間保つためには、防草シートを引いて雑草が生えるのを防ぐことが必須条件であるといえます。